会計システムの導入なら~比較6サイト~

ホーム > 会計システムについて > 絶対読むべき!会計システムの比較の仕方

絶対読むべき!会計システムの比較の仕方

会計システムの入替・導入を検討する際は、必ず2社以上の会社の製品と比較するようにしましょう。
その際、注目すべき比較ポイントを紹介したいと思います。
それは、税制改正の対応力についてです。
会計システム会社のホームページを見ても、商品の紹介は多くあっても、税制改正の対応を細かく紹介している会社はほとんどありません。
しかし、税制改正というのは、毎年行われるものです。
この税制改正の対応をいかに素早く対応してくれる会社かどうかを、会計システムを比較する段階で担当者に必ず確認するようにしましょう。
多くの担当者は、会計システムという商品を売るために、商品の説明ばかりをしてきますが、実際に導入した後は、操作性以外にも重要なことがたくさんあります。
比較の際は、商品以外のことにも注目する必要があります。


会計システムを販売している会社では、「ERPパッケージ」というパッケージで会計システムを販売している会社が多くあります。
この「ERPパッケージ」というのは、簡単に説明すると、会計システムの基本商品セットのようなものです。
実際に、会計システムを導入しようとする場合は、このERPパッケージに数々のオプションを付けないと自社利用できないことが多くあります。
経理部として働いている方は、毎日のように会計システムに仕訳情報を入力していくと思います。
この入力自体は、ERPパッケージの製品の一部としてありますが、月次帳票などの帳票出力となると、そうはいきません。
自社が今まで作成していた月次帳票と同じ形式で出力しようとすると、オプション対応になることがあります。
会計システムを比較する際は、このERPパッケージの中身を十分に確認することが重要です。


近年、多くの会計システムに、経費精算の自動化や領収証・請求書の電子化ができるような機能が追加されてきています。
「経費精算の自動化」や「領収証・請求書の電子化」ということは、とても便利な機能の1つではあります。
しかし、会計システムを比較する場合には、本当に今必要かどうかをまず一度考えてみてください。
経費精算の自動化にしても、領収証・請求書の電子化にしても、会計システムに機能が追加されたのは、この数年の話です。
今の世の中を見てみると、AIやRPAなどで自動化を推進する流れになってきてはいますが、会計システムにその機能を今入れるのは、費用対効果としてどうなのかということを考えてみましょう。
会計システムを比較する上で、この機能を追加するかどうかで金額がどのくらい変わってくるのか、自社ではこの機能をどれぐらい活用することができるのかということは、絶対に比較するべきだと思います。

ページトップへ