会計システムの導入なら~比較6サイト~

ホーム > 会計システムについて > 企業の規模に合わせて会計システムを導入する

企業の規模に合わせて会計システムを導入する

企業の会計を処理から記録・保管までスステムを使って行う会計システムは、法律によって定められている帳簿の出力ができ、税務申告ための機能も備わっています。
売掛金や買掛金の記録だけでなく請求書の作成や経費管理などあらゆる経理業務には欠かすことができません。
会計システムには基幹システム連携タイプと会計ソフトタイプ、クラウドタイプがあります。
基幹システム連携タイプは購買や人事管理などとも連携していて、会計関連データが自動で仕分けすることができ、さまざま業務の効率化に貢献することができます。
利用規模やニーズに合わせて企業独自にカスタマイズすることも可能です。
会計ソフトはパッケージ化されており家電量販店などで購入することができます。
会計や簿記に素人の場合には取扱いに難しいですが、サポート体制は充実しています。


会計ソフトは小規模な会社に向いてる会計システムです。
最近注目されているタイプがクラウドタイプです。
クラウドはインターネット環境が整っていればどこでも会社にいなくても利用することができ、複数システムに入っていても作業ができます。
サーバー導入が必要がなく低価格で導入することが可能です。
法改正が行われても自動でバージョンアップや修正をすることも可能など幅広くメリットがあります。
ただしデメリットはネット上にデータが保存されているためネットワークセキュティの強化が必要になります。
従業員にはIDやパスワードの管理の徹底だけでなく、公衆Wi-Fiは利用不可にするなどの対策が必要になります。
タイプは分かれますが会計システムを導入をするためにはさまざまなプロセスが必要になります。


導入のためのプロジェクトの立ち上げから会計や業務に関わる状況の分析を行います。
会社内の業務を行っている担当者へのシステム要望を求めて、集計してからメーカーへの見積もりを依頼します。
企業の要望と予算に合う見積もりを確認しシステムを選びます。
会計システムの中でも特にポイントとなる点は財務会計に関する分野です。
財務会計には仕分の入力や決算そして税務報告といった業務が行われます。
会計システムの多くが仕訳や元帳、決算書といった出力や仕訳データの取り込み機能といった基本機能は備わっています。
そのため企業の業務を簡略化するためにどんなことができるか、自社の業務特徴と会計システムの付加機能のマッチングを行うことが重要になります。
業務によっては自由にそして柔軟性が求められることからいかにカスタマイズできるかもポイントとなります。

ページトップへ