会計システムの導入なら~比較6サイト~

会計システムは機能を比較して選ぶ

仕事をする上で、パソコンを利用してデータを入力をしていく事であらゆるものをまとめることができます。特に会計システムでは、支払いなどや収入面で金額を出すにも資産を管理をするにも役立ちます。そんなソフトを購入して、企業の経理にどうにゅをしたいのであれば機能を比較するサイトを利用してください。

今やインターネットで探すことが可能となり、また機能を比較する事で会計システムを導入する検討ができます。どのようなソフトが出ているのか、内容がどのようなものなのか。さらに、使いよさやサポート面などがどのようになっているのかを比較することができます。

まずはサイトで比べながら、会計システムを導入を検討してください。多くのソフトがありますが、使い勝手の良さと予算と考えながら設置検討をしていきましょう。機能の良いソフトを入れれば、仕事もサクサクと進みます。

ZeeM会計

ZeeM会計は、株式会社クレオが提供する会計システムです。この会社が提供しているシステムは、他のシステムとの連携が可能となっています。ですので、すでに導入しているシステムを無駄にすることがありません。

様々なシステムを扱っているため、新しく会社経営を始める場合でも、新しいシステムを追加したいという会社にとっても相談するメリットがあります。例えば、債務管理や債権管理、固定資産・リース管理などのシステムがあります。

この会社のシステムを導入することで、今までシステムに頼らずに決算を行っていた会社だけでなく、すでに他社のシステムを導入している会社でも決算日程の短縮を実現できます。

株式会社ICSパートナーズ

株式会社ICSパートナーズでは、様々な会計システムを取り扱っています。例えば、企業グループ統一会計であったり、改正消費税であったり、管理会計であったりします。ですので、あらゆる事例に対応してもらうことができます。

この会社では、情報収集をしっかりと行っています。そのため、企業がどのような会計システムを求めているのかであったり、今の世の中に合ったシステムはどういったものなのかをしっかりと把握しています。ですので、とても使いやすいシステムになっています。

この会社は、50年近い歴史がある会社であり、創業当時から会計に関するシステム開発を行ってきました。そのため、会計システムに関するしっかりとした技術力や情報を有しており、法改正などに即座に対応してくれます。

TKCグループ

TKCグループでは、信頼性の高い会計システムを提供しています。信頼性が高い理由は、様々な面から分かります。まず、過去のデータの変更をすることができない仕組みになっています。そのため、過去のデータを改ざんされることがありません。

また、会計帳簿と決算書が一致していることを証明できます。決算書だけ利益操作ができたり、会計帳簿が無くても決算書が作成できるような仕組みではなく、必ず一致するように設計されています。そのため、記帳適時性証明書を発行してもらうことができます。

さらに、会計帳簿をいつ作成したかの証明をしてもらうことができます。毎月の巡回監査と月次決算を前提としており、3ヶ月以上巡回監査が遅れるとシステムが停止する仕組みになっているため、正確な会計を行うことができます。

富士通株式会社

富士通株式会社が提供している会計システムは、とても便利です。会計システムを利用することで、会社の会計を効率的に行うことができますし、より正確に行うことができるようにサポートしてくれますので多くの会社が導入しています。

富士通株式会社の会計システムを導入すれば、グループ会社の会計情報を統合して集中管理することができます。ですので、コスト削減に繋がりますし、グループ全体の状況をより早く知り、より効果的な経営を行うことができます。

また、既存のシステムとの連携が可能となっているため、余計な手間やコストが発生しません。さらに、きめ細かい機能性を持ち、使いやすい操作性も兼ね備えているため、とても便利です。

SCSK株式会社

どれだけ売上があっても、支出を管理して見直していかなくては、最終的な利益を確保できなくなってしまいます。SCSK株式会社の提供している会計システムは、数種類用意されているので、弱い部分をカバーしていけます。

また、変化していく、会計制度変化にも柔軟に対応してくれます。全てを任せておけるので、別の事へと時間を割けることができます。サービスを利用する前よりも、ずっと時間に余裕ができて業務に集中できるようになります。

グループ会社の状態も一括で管理できて、可視化できなかったこともできるようになります。より、健全な経営が、グループ全体にて行って、いけるようになる相乗効果を期待できます。

株式会社NTTデータアイ

株式会社NTTデータアイでは、どんな会計システムを選ぶかのポイントから、しっかり力が貸せます。既存のシステムだけを提供するようなことではなく、もっとより良いものを提供できないかを、一緒に模索していきます。

また、低コストにて導入が可能になっています。新たな設備投資を必要とせず、顧客の既存の設備にて、システムが導入できるようになっています。その結果として、低コストを実現でき、顧客の心をがっちり掴んでいます。

また、サポート体制も充実しています。専門のヘルプデスクが設置されており、開発者が直接対応してくれます。それと同時に、オフラインマニュアルも充実しており、その場で疑問の答えを見つけられます。

クラウド型会計システムを使うメリット

クラウド会計システムはインターネットを使う環境にいれば、いつでも会社内にいなくても処理をすることができます。クラウドはネットワーク上にあるサーバーやソフトウェアなど必要なときに利用することができます。システムのクラウド化を進めている企業は増えていますが、クラウド会計の利用を検討している企業も増えています。クラウド会計にするメリットは導入コストの削減です。会計システムは対応サーバーを導入したり、環境の構築も必要になるため導入時に莫大な購入コストが伴います。クラウド会計はパソコンとインターネット環境があれば導入することができます。月額・年額には使用料がかかりますが初期導入時にかかる莫大な導入コストは抑えることができます。導入後には入力処理をするとリアルタイムで経営状況を確認することができます。

保存はクラウド上にされているため、会社にいなくても会計処理をすることができます。外出先でデータを確認したり、インターネット環境が整っていれば在宅ワークも可能です。銀行口座と連携するば、通帳の入出金データと繋げることができ仕訳の入力を自動に行うことができます。領収書なども簡単に取り込むことができ経費入力の手間も省け、外部データを連携すると買掛金や売掛金の入力手間も省くこともできます。クラウド会計のデータは会計士や税理士とも共有することが可能です。別々の場所にいても同じ画面を見ながらアドバイスや指摘を受けることができます。消費税の改正や制度改正などにもプログラム対応されていて、企業で使うときにはプログラムが更新されているため最新のものを使うことができます。

パソコンが壊れてしまっても新しいものに替えるだけですぐに使うことができます。データがクラウド上にあるので、サーバーが故障の心配がなく災害があってもデータは安全に保管されています。クラウド会計システムで一番心配される点がセキュリティー面です。サービスを提供している会社ではセキュリティー強化を行っていて監視対応もしっかり行っています。セキュリティー面での注意点として、利用する従業員のユーザーIDやパスワードをしっかり管理することと、外出中などで会社を離れて使うときには出来る限り公衆Wi-Fiは使わないように徹底しておくと安心です。クラウド会計システムは簿記の知識がなくても使うことができるといわれていますが、決算処理などある程度の専門知識は必要です。また、動作が遅い点が問題になっていることもありますが、動作に心配があるときにはブラウザ型ではなくアプリ型の利用がおすすめです。アプリ型はブラウザ型よりも処理スピードが速くどんどんデータがアップロードされていきます。

ページトップへ